代表あいさつ

国立社会保障・人口問題研究所のH18年資料によりますと、平成25(2013)年には25.2%、平成47(2035)年に33.7%、平成67(2055)年には40.5%、すなわち2.5人に1人が老年人口となるものと予測されております。

一方、総務省統計局調べによりますと、平成15年の日本の老年人口指数は、総人口の19%を占めており、この指数は、上昇を続け、平成37年(2025年)には48.0%と、生産年齢人口(15~64歳人口)のほぼ2人で1人の高齢者を支えることになると見込まれています。

いずれにしましても、このように激しく少子高齢化が進む日本(2007年より超高齢社会)において、介護・福祉分野(子育て支援、高齢者介護、障がい者介護)の改善や、医療との連携を無視する事が出来ない現状の中で、社会貢献をお考えの方や、事業拡大をお考えの方など、それぞれの強みを生かしながら、喜ばれる介護・福祉・医療の実現に向け、点ではなく線でのサポートによるご支援をさせて頂いております。

実績としましては、2009年に歩みを始めたばかりの弊社ではございますが、既に、総合福祉ビルやサービス付き高齢者向け住宅の企画、建設、申請、広告宣伝等の支援実績、クリニックの設立のコンサル実績、また、最近ではM&Aのご相談も頂いております。

お客様と誠実に向き合い、信頼と実績のもと、次回もご依頼して戴ける事を目標に、また、日本に「その人らしさ」を大切にする福祉の世界がもっと広がるように、「日々勉強 日々前進 笑顔のないところに成功はなし」の精神のもと、邁進しております。

株式会社 広企画
代表取締役 廣橋 真子

コメントは受け付けていません。